2005年01月31日

インド携帯産業

フジサンケイビジネスアイ:インド携帯2位のブハルティ、昨年10−12月純利益131%増

通話料引き下げや通信網の積極拡大でインドの携帯電話大手はいずれも好業績をあげている。関係者の間では現在約5000万人の携帯電話加入者数が、2007年までに2億人に達するとの見方が強まっている。


とのこと。
で、現在のキャリアはというと

2004年12月末(インドの通信業界団体の発表)
1位 リライアンス・インフォコム    1015万人
2位 ブハルティ            983万人
3位 国営バーラト・サンチャー・ニガム 844万人
4位 ハチソン・エッサー        718万人

増加要因は
上位2社の価格引下げと中所得者層の所得増
農村部への加入者数増

posted by インド人 at 21:14| ムンバイ 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | インドの企業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月29日

インド自動車最大手マルチ決算

フジサンケイビジネスアイ:純利益7割増、インド・自動車最大手マルチの昨年10−12月期

政策金利が6%で30年で一番安く、ローンが立てやすいのが追い風。
懸念事項は、鋼材需要の拡大による原材料価格の上昇。現代や日本の自動車企業との競争。

マルチウドヨグは、インドの乗用車市場で約46%のシェアを持つ業界最大手。スズキが54.2%の株式を所有している。インド自動車製造者協会(SIAM)の調査によれば、2004年のインド国内での乗用車販売台数は前年比25%増の80万2788台となっている。
posted by インド人 at 21:47| ムンバイ ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | インドの企業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月24日

リライアンス財閥

フジサンケイビジネスアイ:インド、リライアンス・インダストリーズ 純利益52%増に

アジアでの自動車市場の拡大だとか、石油卸売り価格の上昇が要因とのこと。
このリライアンスというの、インド最大の財閥らしい。
なんと、リライアンス・グループ全体でインドの国内総生産の35%だとか。
恐るべし。

印リライアンス、オマーンの油田開発権を獲得
インドでは国営企業が石油・ガスをほぼ独占しているとのこと。

posted by インド人 at 22:45| ムンバイ 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | インドの企業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リライアンス財閥

フジサンケイビジネスアイ:インド、リライアンス・インダストリーズ 純利益52%増に

アジアでの自動車市場の拡大だとか、石油卸売り価格の上昇が要因とのこと。
このリライアンスというの、インド最大の財閥らしい。
なんと、リライアンス・グループ全体でインドの国内総生産の35%だとか。
恐るべし。

印リライアンス、オマーンの油田開発権を獲得
インドでは国営企業が石油・ガスをほぼ独占しているとのこと。

posted by インド人 at 22:45| ムンバイ 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | インドの企業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月22日

ウィプロ決算 ウィプロ業績

ロイター:ウィプロ(インド)の10‐12月期は60%増益、市場予想を上回る


インド3位のソフトウエアサービス会社ウィプロが21日発表した第3・四半期(10月─12月)決算は、60%増益となり、アナリスト予想を上回った。アウトソーシング(外部委託)需要が堅調だった。

 純利益は42億7000万ルピー(9870万ドル)。前年同期は26億6000万ルピーだった。また、売上高も34%増加し、209億ルピーとなった。

 ロイター通信の調査によると、アナリスト予想は、純利益が41億2000万ルピー、売上高が208億5000万ルピーだった。

 同社では、第4・四半期について、情報技術(IT)サービスの世界売上高が約3億7000万ドルになると予想している


インド1位はタタ・コンサルタンシー・サービス
2位はインフォシス・テクノロジーズ

ウィプロの日本語ウェブを発見。
http://www.wipro.com/japanese/
ウィプロ テクノロジーは、ウィプロ社 (NYSE:WIT) のグローバルテクノロジーサービス部門で、複数の業種を対象とした完全なサービスポートフォリオを提供しております。さらに、お客様に対してはsix sigmaを満たしながら測定可能なビジネス利益を提供しております。

ウィプロとは
2002年11月のBusiness Week Infotech 100で、世界第7位のソフトウェアサービス企業に挙げられたウィプロ テクノロジーは、Boeing、Nationwide、Ericsson、東芝、Cisco、Seagate、Putnam Investments、United Technologies、Digital、Friends Provident、IBM、Microsoft、NCR、Thames Water、Transco、ソニーを含めた300社を越える主要グローバル企業との仕事に携わっています。

簡単な紹介
インドにおいては、最も貴重な企業に挙げられる(Business Today, 2001)
NYSEに上場(WIT)。ニューヨーク証券取引所のTMT(Technology-Media-Telecom)インデックスに組み入れられる
ITコンサルティング、システムインテグレーション、エンジニアリングサービスの分野での20年を越える経験
世界中で30の事務所を擁し、ITに精通したスタッフとドメインコンサルタントの数は18,000人に上る
米国、ヨーロッパ、日本での顧客数は300社以上(そのうちの50社がFortune誌500社ランクされている)
2001年〜2002年にかけての売上は7億3,600万ドルで、累積年間成長率(CAGR)では過去5年間の45%を占める

クオリティにおけるリーダーシップ:Six Sigmaプログラムにおいては業界内で最も達成度が高く、PCMM、CMMi、CMMレベル5を世界で初めて獲得した企業である







posted by インド人 at 10:59| ムンバイ 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | インドの企業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。