2005年01月29日

パイプラインと院パ和平の可能性

CRI:パキスタン首相、インド、パキスタン、イラン3カ国の天然ガスパイプラインプロジェクトを推進すると表明

アジズ首相は、「このパイプラインが出来上がったら、"共に利益を得る"という局面が表れる。一方、インドとパキスタン双方は、このパイプラインによって経済の相互依存という関係になり、双方の平和プロセスを更に推進できる」と示しました。


首相いわく、文字通りインド・パキスタン・イラクの平和のパイプラインになれば、とのこと。
posted by インド人 at 21:38| ムンバイ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | インド経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

拡大するPC販売

ロイター:中国とインドのPC販売台数の伸び、高水準が続く見通し=インテル

同社のアジア・パシフィック・ゼネラル・マネジャーのジョン・アントン氏は、ロイター通信に対して、「インドと中国の成長見通しは引き続き非常に高水準だ」とし、「過去数年、インドにおける出荷台数の伸びは前年比30─35%だったが、こうした非常に高い伸びが続くと予想している」と語った。


パソコン販売数は中国19%増、アメリカ11%増に対してインドは31%増だとか。
posted by インド人 at 21:33| ムンバイ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | インド経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月25日

2005年01月24日

20040124

インドの粗鋼生産、2012年にも1億トン突破へ

ガスパイプラインやインフラ整備などで急増する国内需要と輸出の両方をにらみ、韓国のポスコや国内民間最大手のタタ製鉄、インド国営製鉄(SAIL)など各社がオリッサ州を中心に相次ぎ製鉄所の新増設を計画しているためだ。


posted by インド人 at 22:18| ムンバイ 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | インド経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月22日

チリ経由の市場拡大

The Times of India: Chile offers India a gateway to LatAm


Addressing business leaders, Lagos said Chile has many preferential trade pacts through which Indian firms can set up base and operate in Chile. "Setting up base in Chile will open markets of Europe and Canada for Indian companies, who would be able to export their products to these markets at zero duty," Lagos said at a joint conference organised by CII and Ficci.


LatAm=ラテンアメリカマーケットのこと。

インドとチリの架け橋。チリへのインド企業の進出を優遇。チリ経由で南米はじめ、ヨーロッパやカナダへの進出も。

He said India and Chile, along with South Africa and Brazil, have similar views on world trade order. "We should work together to tackle global trade issues like subsidies, patents and non-tariff barriers."


インドや南アフリカ、ブラジル皆連携して貿易の障壁を撤廃していきましょうよといった感じ。



posted by インド人 at 11:20| ムンバイ 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | インド経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。