2005年01月29日

パイプラインと院パ和平の可能性

CRI:パキスタン首相、インド、パキスタン、イラン3カ国の天然ガスパイプラインプロジェクトを推進すると表明

アジズ首相は、「このパイプラインが出来上がったら、"共に利益を得る"という局面が表れる。一方、インドとパキスタン双方は、このパイプラインによって経済の相互依存という関係になり、双方の平和プロセスを更に推進できる」と示しました。


首相いわく、文字通りインド・パキスタン・イラクの平和のパイプラインになれば、とのこと。
posted by インド人 at 21:38| ムンバイ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | インド経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。